ロードエクスプレス 1勝クラス出走!(2020/02/16)

ここで勝たなければ・・・

2020年02月16日(日)
東京競馬場
第6レース 1勝クラス
芝1400m

という条件のレースに出走予定となった、ロードエクスプレスのレース展望をします。
前走は、白梅賞に出走し、残念ながら4着という結果でした。目標としているファルコンステークスへ出走するために、何とか1勝が欲しかったのですが、そう簡単には勝てないですね。今回は、特別戦へ出走せず、まず1勝を、ということで平場の1勝クラスに出走することになりました。

2月11日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に64.2-46.3-29.8-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、2月12日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.9-39.0-25.2-12.5 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。
坂口調教師先週に相応の負荷を掛けており、2月12日(水)は坂路でサッと。長距離輸送も控えるだけに、これぐらいで十分でしょう。中間も具合は良い意味で変わりなし。左回り1400mは現状ベストと思える条件ですからね。ここをモノに出来れば・・・

ライバルは

アメージングサン

馬主 :株式会社 ローレルレーシング
生産 :村田牧場
種牡馬:ロードカナロア
調教師:奥村 武
騎手 :M.デムーロ

前走は、夏の札幌未勝利戦を圧勝していますね。このレースは現地で見ていましたが、インパクトが凄く覚えています。それ以降、久々のレースなので、久々でも力を発揮できるか。また、逃げて圧勝だった馬で距離延長ですから、折り合えるかがポイントでしょうか。逃げそうな馬がいないので、逃げる可能性もあるのかな?そうなると、割とペースは流れそうですね。

モーベット

馬主 :有限会社 シルクレーシング
生産 :ノーザンファーム
種牡馬:オルフェーヴル
調教師:藤沢 和雄
騎手 :木幡 育也

こちらの馬も新馬戦のインパクトが凄かったので覚えています。前走は、今回と同じ条件のレースで2着だったようですね。ミドルペースで上り最速の34秒。ただ、毎回後方からのレースをしているようなので、付け入るスキはあるでしょう。今回は、減量騎手なのでそれがどう影響するか。

ヴァルナ

馬主 :野嶋 祥二
生産 :杵臼牧場
種牡馬:エピファネイア
調教師:寺島 良
騎手 :幸 英明

前走は、今回と同条件のリステッドに出走するも、7着。ただ、京王杯では同条件で3着。単純に比較すると、スローの末脚勝負より、ペースはある程度流れるほうが得意なのかなという印象。今回もある程度流れるペースであれば、好勝負も期待できるか。

ヴェスターヴァルト

馬主 :有限会社 キャロットファーム
生産 :ノーザンファーム
種牡馬:ノヴェリスト
調教師:加藤 征弘
騎手 :C.ルメール

こちらにルメール騎手ですね。前走、前々走ともに中山マイルに出走。ペースはスローより、ある程度流れたほうが向いているのかな。それで距離短縮なのかもしれませんね。馬場が悪くなっても良さそうなイメージですし、天気が気になるところ。


簡単に予想してみましたが、平場の割に結構強いメンバーが揃ったのではないでしょうか。そして、クラブ馬対決という見方もできますね。ローレル、シルク、キャロット、ロード。負けたくないですね~。とは言うものの、これまでのレースを見る限り、あまり自信満々にはなれないですな。
エクスプレスとしては、おそらくスローの末脚勝負は向いていないだろうから、ある程度ペースが流れて上り34秒台くらいであれば、勝てる可能性もあるかなと思います。
2月の同条件を見る限り、ペースはスローでもミドルでも「逃げ」「先行」が有利な傾向が続いているようなので、まずは、スタートと位置取りが重要なポイントになりそうですね。
ただし、週末の天気予報が雨と出ているので、雨がどれくらい降るかによって、傾向も変わりそうですね。あまり柔らかい馬場では走りたくないはずなので、少量におさまってくれることを願います。
左回りの1400mで広くて長い直線は、おそらくベストなはずなので、なんとかここで勝って、ファルコンステークスへ出走したいです!
ということで今回は、いわずもがな1着を目指します!

まじでスタート重要です!
ゲート内では落ち着きましょう!
好スタートを決めて、前々へ!
直線で、叫ばせて!

がんばれ!ロードエクスプレス!!
外国人騎手に負けるな!頼むぞ!裕紀人!!

スポンサーリンク