ロードエクスプレス 1勝クラスレース回顧(2020/02/16)

力不足か

2020年02月16日(日)
東京競馬場
第6レース 1勝クラス
芝1400m

という条件のレースに出走したロードエクスプレスのレース回顧をします。
ファルコンステークス出走を賭けて、どうしても勝利が欲しい一戦でしたので、パドック映像が流れる前から結構緊張(;^ω^)
パドックでは、今まで見た中で一番いい雰囲気だったのではないかと思います。パドック映像の録画を再度見た際に、推奨馬として1番手に挙げられていたのを知り少しビックリ。ただ、やはり馬体の大幅アップはなく、歩様もまだ少し硬いかなという印象。

ゲートにはスムーズに入り、スタートも五分に出た様子

出たなりで、5番手あたりを追走、途中で横の馬にあてられ、かかり気味もなんとか折り合う

直線に入り、追い出すも、伸びそうで、伸びず

最後は流して、10着フィニッシュ

負けすぎ感

石川騎手

道中にしっかりと溜まっていましたし、あとは直線で伸びるだけ・・・と言うような状況。具合が上々に映った他、1400mの条件も合っていると思います。ハッキリと敗因が分からない感じ。強いて挙げるならば、馬場が不向きで少し走り難かったのかも知れません

坂口調教師

直線を向くまでは理想的な運び方でしょう。どこかで変に噛んでしまったのかな・・・とも思ったものの、実際には見た目通りにリズム良く走っていた模様。今までのレースは全て良馬場だっただけに、稍重がマッチしなかったぐらいしか考えられないです。能力は十分に通用するはずながら、現状のベストと思われる条件で厳しい結果に。まずは反動の有無を確かめます

レース直後は、同じ感想で、何が原因か全然わからなかったですね。パワータイプには見えないエクスプレスには、確かに、馬場が緩かったことが影響している可能性はあるとは思うものの、それでも負けすぎ、能力不足、買い被り。頭をよぎりました。悪くても掲示板内はあるだろうと思っていたので・・・
ただ、レース結果をよく見ると、5着までの馬はすべて、中段から最後方でレースを進めた馬たちでした。

ミドルペースではあるものの、時計以上に前でレースをした馬たちには厳しいペースだったのかなと思います。
それでも6着7着の馬は、エクスプレスより前でレースをしていたわけですから、せめてここら辺の着順であれば、仕方ないと納得できるものの。やはり、能力不足なのかもしれないですね。
馬場が悪かったとはいえ、1勝クラスでもいい勝負ができないわけですから、自己条件で地道に頑張るしかないでしょう。
一旦、長めに休養させてパワーアップさせてほしいですね。

ひとまず、ロードエクスプレスさん、お疲れさん!
裕紀騎手、ありがとうございました!

スポンサーリンク