ロードストライク 鋸山特別回顧(2019/09/29)

いつもと雰囲気が違ったような・・・

2019年09月29日(日)
中山競馬場
第12レース 鋸山特別(2勝クラス)
ダート1800m

という条件のレースに出走したロードストライクのレース回顧をします。
未勝利戦から勝ち上がり後、さらに1勝クラスでも1回で勝ち上がりを決めたストライクでしたが、2勝クラスでもある程度戦える力は持っているだろうと思い、楽しみにしていました。
いつも出資馬が出走するのは、午前中か午後に入ってすぐだったので、今回初めて最終レースまで待機することになったわけですが、まぁ~長い!馬券を買っていたら、最終レースまであっという間に感じるんですけどね。
そんなわけで、ロードマイウェイの4連勝に衝撃を受け、スプリンターズステークスで納得の結果だったことに頷き、最終レース、ストライクの番となりました。

パドックでは、発汗が目立ち、チャカつきはなく、いつもより大人しく見える、落ち着いた雰囲気を感じました。大人になったのかな?と思いつつ、返し馬へ。ゲート内には既に誘導されており、ゲート内でも落ち着いているように見えました。
スタートは、五分に切ることができましたが

逃げられなかったのか、敢えて控えたのか

外からハナを取りに来る馬がきて、3番手からレースをすすめる展開となりました。

3角手前辺りから、押し上げていこうとするも、既に手ごたえが怪しい感じに
3、4角の中間から鞭を打たれるも、反応は鈍く、そのまま直線へ

手ごたえが悪く、このまま馬群に沈むかな~と思っていたものの

鞍上のアクションになんとか答えて最後は少しだけ脚を使い、8着でゴールとなりました

 

体調不良じゃない?

三浦騎手スムーズに3番手を確保できたものの、今日は特有の気持ちの難しさを露呈。他馬に迫られた際にビックリするなど、繊細な面を覗かせてハミを取ったり、抜いたり・・・をずっと繰り返していました。普通に走っていないだけで、このクラスでも十分に力は通用。最後は加速しており、ゴールを過ぎてもなかなか止まらなかったぐらいです。連勝中と異なる形で追われても分かっていない様子。この経験は先々へ繋がると思います

尾形調教師スタート直後は問題無かったとは言え、松岡騎手の馬がハナへ立ったあたりから変な格好に。2戦目と同じようにトボけてフワフワしていた模様です。3、4コーナーでは大敗を覚悟したものの、直線で再び盛り返す形。能力は足りていても、レース展開によってのポカは今後も付きまとうかも知れません。自分のリズムで走りさえすれば、更に上を意識できる存在。逃げ一辺倒では通用しなくなるだけに、色々なパターンを経験させて行きたいです

今回は、パドック映像で見る限り、いつもより大人しく、落ち着いているように見えましたが、発汗が目立っていました。馬体重が、-8kgということから、もしかしたら、体調が優れなかったのではないかな、というのが私の見解。

いつかは逃げない競馬をするだろうと思っていましたが、今回でしたね。
尾形調教師が言うように、逃げ一辺倒では、今後通用しなくなることが多いと私も思っていたので、いい機会だったのではないかなと思います。
ただ、控えても大丈夫という結果ではなかったので、精神的なところが影響しているのかもしれませんが。気性的に成長することを願いつつ、いろんなレースを経験していくしかないですね。

あとは、中山ダート1800mは、本質的に少し長いんじゃないかなとも思っています。
なので、体調を万全にして、東京ダート1600mで期待したいと思います!

ひとまず、ロードストライクさん、お疲れさん!
皇成騎手!また、お願いします!!

スポンサーリンク