ロードストライク さらに昇級戦へ!(2019/09/29)

1勝クラス ⇒ 2勝クラス

2019年09月29日(日)
中山競馬場
第12レース 鋸山特別(2勝クラス)
ダート1800m

という条件のレースに出走予定となった、ロードストライクのレース展望をします。

前走は、1勝クラスの昇級初戦でしたが、なんとか勝ち上がることができ、2勝目を飾ることができました。休み明けで昇級初戦だったにも関わらず、1戦で勝ち上がることができたのは、ストライクの力がある証拠だったのではないでしょうか。休み明け2戦目となる今回は、上澄みも期待できそうで気合が入ります!

9月25日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで6ハロン83.8-67.4-53.6-40.5-14.4
6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒6先行して0秒6先着。短評は「力強い脚捌き」でした。

尾形調教師9月25日(水)は全体66秒8。終いに時計が掛かったのは新馬に付き合った為で、そのシーンを見越してゴールを過ぎてからも長目に走らせてカバーしました。気性も段々と大人に。色々なコースやプールを利用し、計画に沿って態勢は整っています

ライバルは!

アルマスティング

馬主 :コウトミックレーシング
生産 :小島牧場
種牡馬:ヴィクトワールピサ
調教師:田村 康仁
騎手 :勝浦 正樹

前走の同条件で、1勝クラスを勝ち上がり、昇級初戦ですね。中団よりやや前からレースを進め、差し切り勝ち。3歳のため、斤量的に有利であり、前走のタイムも優秀でしょう。強そうですね。

オンザロックス

馬主 :稻井田 有司
生産 :ベルモントファーム
種牡馬:サムライハート
調教師:森 秀行
騎手 :C.ルメール

2歳から重賞に挑戦したり、海外へ行ったり、芝で走ったりと、とにかくいろんな条件でチャレンジしているようですね。最近は、ダート中距離を使っていて、2勝クラスでも馬券内に必ず絡んでいるみたいで、今回はルメール騎手が騎乗。先行脚質でもあり、今回も馬券内に絡んでくるかも。要注意。

グッバイガール

馬主 :吉田 千津
生産 :谷川牧場
種牡馬:カネヒキリ
調教師:杉浦 宏昭
騎手 :横山 典弘

今回と同条件で勝ち上がり、函館で2勝目。逃げ、先行で結果を出しており、タイムも優秀か。前走、前々走とも逃げて結果を出しているため、今回もハナを主張しそうな予感、厄介ですね。3歳牝馬で52kgの斤量も魅力的であり、一番のライバルでしょう。

グリニッジシチー

馬主 :株式会社友駿ホースクラブ
生産 :カミイスタット
種牡馬:エスポワールシチー
調教師:相沢 郁
騎手 :津村 明秀

前走、同条件で勝ち上がり、昇級初戦。3歳で軽斤量、先行抜け出しという前走と同じレースをされると怖いですね。

スペルマロン

馬主 :西森 功
生産 :日優牧場
種牡馬:ロージズインメイ
調教師:古賀 史生
騎手 :内田 博幸

一度、3勝クラスまで行くも、降級して2勝クラスの状態。先行脚質であり、同条件でも好走をしているようです。3/30の2着だったレースの1着は、ロードアクシスだった模様。2着8着2着5着⇒2着ですかね。

パイロキネシスト

馬主 :平井 裕
生産 :グランド牧場
種牡馬:パイロ
調教師:藤原 辰雄
騎手 :松岡 正海

最近は、函館、札幌で走って結果が出ておりませんが、その前の中山、東京では毎回馬券内に絡んでいるようですし、先行脚質ですから、要注意ですね。


と、まあ簡易的な予想ですが、このくらいにしておきます。
前回に続き、今回も昇級初戦ですから、どれくらいやれるか、試金石となるでしょう。
今回は、逃げたい馬グッバイガールがいるので、逃げられるか、もし逃げられなかった場合に、控えても大丈夫か、というところも見どころになるでしょう。
気性が成長していれば、ここでもある程度通用するかなと思っているので、がんばってほしいですね。
ということで、今回の目標は、5着以内とします!

臆病なところは隠して、堂々と!
ゲート内では集中して!
スタートは、しっかり決めて!
前々でレースを進めましょう!!

がんばれ!ロードストライク!!
頼むよ!皇成!!

スポンサーリンク