メリディアンデビュー戦、ロードエクスプレス白梅賞 回顧(2020/01/19)

メリディアン よくやった!

2020年01月19日(日)
中山競馬場
第6レース 新馬戦
芝1600m

という条件のレースに出走したメリディアンのレース回顧をします。
調教では、あまり動けていないので、まずは、無事に。という気持ちでパドックを楽しみにしていました。
馬番が16番だったので、メリディアンが映されるまでソワソワ。
結構パドックで評価できる馬もチラホラいるなかで、メリディアンも周りに負けておらず、いい雰囲気!422kgで数字だけ見ると小さいかなという感じですが、馬体は仕上がっているように見え、初めてパドックで、自分が出資している馬に印を付けられるくらいの出来に見えたので、これはもしかしたら、もしかするぞ!と思っていました。

大外枠ということで、最後にゲートイン。ゲートインはスムーズにできました。スタートも五分に切ることができ

大外枠ということもあり、出していかず、中段からのレース

3コーナーに入る前あたりから徐々にポジションアップしていき

残り600mくらいで先行集団辺りまで、ポジションを上げていく

4コーナーに入る前あたりからムチを使い、直線へ

直線でガッチリ追われて、その合図にこたえる
1頭かわし

さらに1頭を差して2着でゴール!

メリディアン 次走が大事

石川騎手

口向きが不安定で道中はかなり左にモタれており、ずっと引っ張りながら矯正を掛けていました。そのような状況でも十分な頑張り。一般的には中山のマイルでこの枠はロスが大きく厳しいものの、内が荒れて消耗し易い今日は却って良かったのかも知れません。厩舎の方から聞いていた通り、一瞬の切れと言うよりは長く脚を使うタイプ。2000mぐらいまで延びても対応できそうですし、外に壁を作れればもう少しスムーズに走れると思います

直線に入る前から鞭を多く使っていたのは、矯正だったんですね。パトロール映像を見ると、確かにずっと右側に手綱を引っ張る格好でした。
中山芝マイルは大外不利ですが、今回は、騎手が言うように内が荒れている馬場だったようですし、新馬戦だったので、かえって良かったように思います。
ただ、422kgの小柄な牝馬が、急坂有りで稍重の馬場をこなせるとは思っていませんでしたし、ビックリです!調教師からも、‘非力な現状’と言われていましたからね。
逆に、内の馬場が荒れた大外、稍重という条件が、実は向いていたという可能性も考えられるでしょう。
ですので、もちろん次走は、勝ち上がりも期待していますが、あまり過度な期待をするのは危険かなと思います。

今回は、目標としていた8着以内を大幅に上回る、2着という結果でとても気分がいいです!
(10番人気でしたし・・・)
私自身あまり上位の着順は期待していなかったのですが、3~4コーナーからの捲りで「あ!これ勝ちまであるぞ!」と思ったくらいで。1着の馬は強すぎましたね・・・

気になる次走ですが、騎手からは2000mまで対応できると言われていますので、レース選択の幅は広がりますね。普通に考えると、2月16日京都芝1600mあたりかなと思いますが、楽しみですね。

ということで、メリディアンさん、よくがんばりました!!
上出来でしょう!
ユキト!ありがとう!!

ロードエクスプレス 結果出ず

2020年01月19日(日)
京都競馬場
第9レース 白梅賞
芝1600m

という条件のレースに出走したロードエクスプレスのレース回顧をします。
前走のレースから休養明けの今回、成長しているかな~と楽しみにパドックを待っていました。
がしかし、馬体重は微増の446kgであり、パドックでの様子を見る限り、あまり成長は感じられませんでした。んーまだ成長途上なのか、これ以上はないのか、微妙な気持ちに。

ゲートインする前のテンションが高いように見えたものの、ゲート入りはスムーズに完了し、スタートは上手く切れたかなと思います。ポンと出て、3番手でレースをすすめることに。

口を割りそうな場面が多々ありましたが、ギリギリこらえられていたかなと思います。レースの展開はあまり変わらず、道中の位置取りのまま直線へ。

直線に入るも、鞭の合図にこたえることができず

4着でゴール

ロードエクスプレス 次で決められるか

フォーリー騎手

スタートも良くて、頑張ってくれました。外へ張り気味だった分、幾らかロスが生じる形。その点を踏まえると左回りがベターでしょう。距離は大丈夫ながら、今回は道中の流れがスロー。もう少し速いペースならば運び易いのに加え、更に上の着順に来ていたかも知れませんね

坂口調教師

使う毎に体重が増えているのに加え、今日は装鞍所から落ち着いた雰囲気。心身共に成長が感じられると思います。相応に出して行きながら、折り合いが付いたのも収穫。ただ、直線では先行馬2頭に離されてしまったので・・・。現状では瞬発力勝負だと分が悪いですね。ファルコンS(GⅢ)へ向かう為にも、何とか2勝目を挙げたいところ。大きな問題さえ見当たらなければ、次は東京の自己条件を検討しましょう

騎手によると、1600mでも持ちそうだが、スローの上がり勝負は不向きという見解。
調教師は、精神的な面は成長してきたかなという印象。
確かに、スローの上がり勝負は不向きだったかもしれませんが、今回は重い馬場と最内枠が結構影響しているんじゃないかな~と思っています。
2着だったスマートリアンは、キズナ産駒で前走の未勝利戦を大雨の不良場合で勝ち上がり。前走の内容を評価されず、ブービー人気だったにも関わらず2着。確かにスローで先行有利の展開ではありましたが、少なくとも他の馬が重い馬場を苦にしている中、スマートリアンは苦にしなかったから残れたんじゃないかなと思っています。
ロードエクスプレスは、4コーナーあたりでノメッているようにも見えましたし、恐らく、重い馬場は不向きなんじゃないかなと思います。大跳びなので、最内でレースをするのが窮屈そうに見えますし、外枠の方がもう少し楽に追走できそうかなと思います。
レクチャー情報が入る前に、次走をどうするのか考えていましたが、ファルコンを目標にするなら2月16日東京芝1400mがいいんじゃないかなと思っていました。
今日の更新情報を見る限り、恐らく、次走はそこを予定していると思いますので、坂口調教師とは考え方が合うなぁ~と思いました。調教師の考え方に合う合わないってあるんだな~と思う今日この頃。

残念ながら今回で重賞行きを決めることはできませんでしたが、5着馬にギリギリ差されず、よく踏ん張りました!

ひとまず、ロードエクスプレスさんお疲れさん!
フォーリーさん、ありがとうございました!

スポンサーリンク