メリディアン 未勝利戦出走決定!(2020/02/08)

試金石の2戦目

2020年02月08日(土)
京都競馬場
第5レース 未勝利戦
芝1800m

という条件のレースに出走予定となった、メリディアンのレース展望をします。
前走の新馬戦では、期待以上の走りで2着でしたね。勝ち馬は強かったものの、まさか連対するとまでは思っていませんでしたので、ほんと、ビックリしました。この勢いで、勝ち上がりも期待したいところですが、まだ、調教ではあまり動けていないようですし、この2戦目が、どれくらいやれるかの試金石になりそうですね。

2月5日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン84.8-68.1-52.7-39.1-12.6
8分所を一杯に追っています。併せ馬では強目の相手の内を0秒3追走して0秒1遅れ。短評は「実戦で変わる馬」でした。
友道調教師

私自身は北海道に。2月5日(水)の様子を直接は確認できていません。でも、無事に調整を終えた・・・との報告。初戦のような走りが叶えば、チャンスも見出せそうです。ただ、想定表を踏まえて遠征は断念。馬場が合うか否か・・・でしょう

≪調教時計≫
20.02.05助手栗東P良 84.8 68.1 52.7 39.1 12.6(8)一杯に追う 実戦で変わる馬
ポポカテペトル(古馬オープン)強目の内0秒3追走0秒1遅れ

ライバルは!

エアロロノア

馬主 :株式会社ラッキーフィールド
生産 :社台ファーム
種牡馬:キングカメハメハ
調教師:笹田 和秀
騎手 :福永 祐一

前走は、京都2000mでハイペースの中、先行して何とか粘って3着だったのかなという内容。先行力あり、粘れる持久力もあるので、今回も先行されると嫌な相手ですね。

スズカキング

馬主 :永井 啓弍
生産 :ノーザンファーム
種牡馬:キズナ
調教師:橋田 満
騎手 :武 豊

前走の新馬戦で、先行してタイム差なしの2着でした。稍重馬場をこなしていますし、タイム差なしですから、今の時計がかかる馬場は、向いているのではないでしょうか。

ダンツシルビア

馬主 :山元 哲二
生産 :バンブー牧場
種牡馬:キズナ
調教師:谷 潔
騎手 :岩田 望来

今回で5戦目ですね。ずっと短距離を走っていて惜しい競馬が続いているが、今回400mの距離延長ですか。短距離だと、位置取りが厳しいのかな。距離延長でどう変わるか。キズナ産駒ですし、馬場も向いているでしょう。

フィニステール

馬主 :金子真人ホールディングス株式会社
生産 :白井牧場
種牡馬:キングカメハメハ
調教師:中内田 充正
騎手 :川田 将雅

前走の新馬戦は、アドマイヤビルゴが勝ったレースですね。今回と同条件ですし、馬主、厩舎、騎手の組み合わせを見ると嫌な相手ですね。

マルカエイペックス

馬主 :日下部 猛
生産 :社台ファーム
種牡馬:エピファネイア
調教師:今野 貞一
騎手 :和田 竜二

前走の新馬戦で1着だった馬は福寿草特別で2着だったようです。この馬は、0.2秒差で上がり最速の3着なので、もしかしたら一番の強敵かもしれないですね。

ムジカ

馬主 :杉澤 光雄
生産 :前谷 武志
種牡馬:エピファネイア
調教師:鈴木 孝志
騎手 :幸 英明

前走、同条件で3着ですね。同様のレース展開になれば、チャンス有りか。ただ、後方からのレースをしているので、今回も後方からになれば、届かない可能性も。


とまぁ、簡単にですが、予想してみましたが、積極的に逃げたい馬はいないようですが、どういう展開になるでしょうか。
あまり後ろの方からのレースになると、届かない可能性もありますし、なんとか、前の方でレースを進めてほしいところですね。フォーリー騎手が積極的に乗ってくれたらいいんですが・・・
調教の内容から重い馬場は向かないんじゃないか、という見立てのようですが、前走は中山で稍重でしたからね。ある程度、こなせるとは思っているんですが。逆に軽い馬場だと切れる馬にやられそうなイメージがあるので、重い馬場を味方につけてほしいですね。
今回は、結構メンバーが揃っていますし、なかなか勝ち切るのは難しそうですが、期待したいという思いを込めて、今回は1着勝ち上がりを目標に!悪くても掲示板内に収まってほしいところ。

スタートが一番重要です!
スタート決めて、先行しましょう!
あとは、鞍上次第!!

がんばれ!メリディアン!!
たのんます!フォーリー!!

スポンサーリンク