ロードカバチ 未勝利戦回顧(2019/08/11)

悪くないぞぉ

2019年08月11日(日)
新潟競馬場
第1レース 未勝利戦
芝1200m

という条件のレースに出走したロードカバチのレース回顧をします。
1レースなので、パドック映像は2回くらい見れるかなと思っていましたが、3場開催のためか、1度しか見ることができず。その1度のパドック映像だけでは、仕上がり具合は判断できない状況でした。

ファンファーレ後、カバチは既にゲートに入っていたので、ゲート入りは問題なかったのでしょう。

スタートは、五分に切れたかと思いますが

その後、周りのスピードが速かったのか、カバチが遅かったのか、後方からの競馬となりました。

そのため、ジョッキーは促し、集団には追いついたものの、逆にかかってしまい、リズムがわるくなってしまったように見えました。

落ち着いた頃には、もう、4角あたりで、直線を迎える。

あぁ、このまま伸びずに終わっちゃうかな~と思いました

が、カバチは、ムチに応えて伸びる!

もう少し!というところで、7着でゴールとなりました。

次走に注目

野中騎手ゲートを出てからがモッサリしたスタートだった点に加え、1200mで周りが速い分だけ思った以上にポジションを取れずに進める形。でも、この条件に慣れてくれば、徐々に変わって来るでしょう。デビュー戦で感じた通り、長いよりは短い距離が合う印象。最後は脚を使ってくれました

菊川調教師再度の遠征でも身体が若干増えていたのは、小柄な本馬にとっては好材料だったと思います。スタートが遅かったとは言え、一気の距離短縮にもマズマス対応。このレースである程度は適性が見えました。次走プランは現段階で未定。戻ってからの様子に応じて決めたいです

確かに、馬体重が減らずに若干ですが増えているというのはいいことですね。
今後のプランは、一度厩舎に戻ってから検討との事ですが、続戦の場合、レース選択は少し迷いますね。
ジョッキーが言うように、同じ距離を使うことで流れに慣れるとは思いますが、私としては、やはり、もう少し距離が欲しいなと考えます。スタート後、無理せずに、出たなりで追走できそうな1400mか1600mで直線平坦コースを希望。
新潟のような、直線平坦でこそと思えるので、中山になると坂をこなせるのかな?と思いますし、そうなると、8月末の新潟芝1600mがいいところかな、と考えますが。どうでしょうね。
馬の状態に合わせて次走を検討していただければいいのですが、一旦、放牧もあり得るかな。
んー、結果論ですが、やっぱり先々週の芝1400mでもよかったんじゃないかな、とも思いますが、仕方ないですね!

と、ブログをUPしようと思いましたが、次走予定の更新がありました。

菊川調教師

トレセンへ帰った後もそれなりに元気な印象です。8月14日(水)の段階では厩舎周辺の運動までながら、今のところは脚元も大丈夫そう。新潟後半に芝1200mの番組が設定されていませんので、短期放牧を挟んで中山開催を目指すのが妥当でしょう

中山芝1200mですか・・・。
坂大丈夫かな~。まあ、走ってみるしかないですね!

何れにしても、新馬戦よりは、十分に見どころがあり、今後の可能性も見えてきて、適正もなんとなくつかめてきたのではないかと思いますので、また次走に注目ですね!

ひとまず、ロードカバチさん、お疲れさまでした!!

スポンサーリンク