ロードエクスプレス 秋明菊賞回顧(2019/11/17)

混戦

2019年11月17日(日)
京都競馬場
第9レース 秋明菊賞
芝1400m

という条件のレースに出走したロードエクスプレスのレース回顧をします。
前走、重賞で惨敗し、今回は自己条件へ出走となりましたので、何とか、前走の惨敗を挽回するようなレースを、そして、2歳G1へ!という思いで、当日を楽しみにしていました。
パドックでは、前走より前向きに歩いている印象でしたが、やはり良くは見えず。まだまだ成長途上に見えました。ライバルとしたピュアカラーは、パドックで一際良く見せていたように思いました。私の出資馬で、パドックを見て「これは!」と思えるような時がなかったので、いつになるのか少し心配。
ゲートインはスムーズで、スタートも五分に切れたのではないかと思います。

出していかずに、馬のリズムを重視してか、後方に

パトロール映像を見ると、ジュビリーヘッドに騎乗のムーア騎手は、スタート後、すぐに内側のポジションを取りに行きましたが

エクスプレスに騎乗のマーフィー騎手は、すぐに内側のポジションは取りに行かず、少し様子見

その後、前にいたカリニートが内側へ寄せてきたため、マーフィー騎手も内側へ。もしかしたら、外に出す意識もあったのかなというふうに見えました。

4角を周りながら外側を意識しつつ、直線へ

ラストスパート、ムチにこたえて、全力疾走

ゴール前寸前、勝てるか!?と思うくらいの勢いだったものの、残念ながら3着でゴール

まだ、G1挑戦には早かったようだ

マーフィー騎手

三浦騎手から特徴を聞いており、馬のリズムを大事に運びました。折り合いを最優先に考えて乗り、その部分に関しては全く問題なし。4コーナーでは、勝ったかな・・・と思ったぐらいです。あまり序盤は急かさない方が良いのに加え、現状ではマイルよりも1400mが合っている感じ。来年には更に良化を遂げそうな印象だけに、大事に使って行くのがベターかも知れません

坂口調教師

もう少し前半のペースが流れてくれたら・・・。あと一歩の惜しい競馬ながら、能力は示せたかも知れません。勝てば暮れのGⅠへ・・・と考えたものの、それが叶わぬ結果に。デビュー前から厩舎に置き続けたのを踏まえると、このタイミングで一息を入れるのが良さそうです

坂口調教師が言うように、もう少しペースが流れてくれたら、もっと際どかったでしょう。しかしながら、現状としては、ほぼ力を出し切った結果だったのではないかなと思います。
この日は、外差しが効いており、外枠でしたから、チャンスかなと思っていました。マーフィー頼むよ~と思いながら、応援していましたが、外に出さず、終始内々を周っていて、なんでだろうな~と思っていましたが、パトロール映像を見る限り、マーフィー騎手も少なくとも外側への意識はあったように感じました。
少しの出遅れや周りの馬の動きにより、やりたいことがやれない場合もあるので、仕方ないですね。パトロール映像ってなかなか見る機会がなかったり、そこまでする気にもなりませんが、改めて、騎手の意図や周りの動きが見えてくるので、大事だなと実感しました。ムーア騎手は、初めから内を通る想定で、直線に入って、外に出しましたね。斜行して戒告を受けたみたいですが、さすがでした。それにすぐ反応した馬も凄いですよね。エクスプレスも外に出せていたら、どうだったのかなと思いますが、それはわかりませんし、仕方ないでしょう。
この後は、一旦、放牧へということですので、しっかり休養してもらいましょう。
大飛びでエンジンがかかるまで、少し時間がかかるのかなという印象ですので、やはり直線が長く広いコース、軽い芝が理想かなと思いますので、次走のレース選択に注目ですね。
まずは、リフレッシュして、今後の成長に期待したいと思います。
結果は残念でしたが、よく頑張りました!

ひとまず、ロードエクスプレスさん、お疲れさん!
ありがとう、マーフィー!

スポンサーリンク