未勝利戦回顧 ロードジパング(2018/01/27)

逃げる

2018年01月27日(土)
東京競馬場
第4レース
芝24000m

という条件のレースに出走した
ロードジパングの未勝利戦を回顧します。

馬場の状態は、稍重ということで、
これは、ジパングに有利な馬場状態かも
しれない!と思いつつパドックを
待っていました。

パドック映像を見る限り、前走より、
元気がありそうな雰囲気でした。
他の馬の状態も見ていましたが、特に
いい馬は見当たらなかったので、
ちゃーんすと思ったくらい。

まぁ、ジパングもパドックでは
よく見せない馬なのですが。

今回は、ゲート入り後も大人しくしており、
スタートもバッチリ決まりました。

ホント、スタートいい馬って
それだけで、まず安心できる。

スタート後
なんと

逃げる!!!!

こうせい!いけぇ!こうせい!!

大興奮!
もう、これだけで満足でした。

まさに、満を持して
という感じだったのでしょうか。
私は、逃げるとは思っていなく
サノサンが逃げて、その2番手辺りで
進めると思っていました。

ここからが、勝負!
どうなるんだろう

そして、4角を過ぎる

あーくるな!
速いって!!
と叫びながら、ジパングがんばれ!
と応援。

早々に後退するのかなという
予想とは逆に、さらに加速し
ジパングもラストスパートに入る。

もう、残り300から200mくらいまでは

勝てるんじゃ!?!?!?

と思いましたが
残念ながら、ディープ産駒に
差されてしまい、3着入着。

思わずゴール後

あーーーーーーーーーー

と唸ってしまった。

この後どうする?

三浦騎手
今日はゲートの中でも大人しく、
スタート次第で逃げを打つことも検討。
実際にポンと出てくれて楽に先頭へ立ち、
上手くペースを落とすことができたと
思います。ただ、最後は切れ負け。
この馬自身も伸びてはいるのですけどね。

菊川調教師
この条件にもすんなり対応。
全兄グランデスバルのように、
長距離戦への適性が感じられます。
また、ハナを切る形で僅差の3着に
持ち込めたのも収穫ですね。
芝2400mを中1週で使うのは負担が
大きいだけに、次は中3週で中山の
芝2200mを選ぶのが妥当でしょう

さすがに、中1週で同条件は
使わないですね。

今回の結果は、満足です。
よく、逃げてくれた。
ジパングも、よく粘ってくれた。

ただ、今回は相手のレベルもそんなに
高くなかったのではないかなと
思いました。

本当に切れるディープ産駒がいれば、
あっという間に差されていたはず。

だからこそ、スローではなく、
離して逃げる、若しくは、
ミドルハイペースくらいで運んで
脚を溜められない、レース展開に
持ち込んでほしい。
東京芝2400mでは、難しいと思いますが。

それで、勝てたら、かなり強い馬に
なるはず。

まぁ、今回は本当に嬉しかったです。

次走は、2月末の中山2200mですか。
相手次第になりますが、
また逃げられたら、チャンスですね。
何れにしても、ジパングはどこかで
勝てそうな気がする。

そして、夏の函館、札幌競馬場
芝2600mあたりに出走してほしい

と思っております。
この条件、ぴったりじゃん!!

次走も期待しちゃうぞ!
がんばれ、ロードジパング!!

スポンサーリンク