未勝利戦回顧 ロードジパング(2018/01/13)

ちがうだろぉ・・・

2018年01月13日(土)
中山競馬場
第6レース
芝2000m

という条件のレースに出走した
ロードジパングのレース回顧を
したいと思います。

2018年出資馬の初戦であり、
メンバー的にチャンスだと思っていたので、
非常に楽しみにしていました。

パドックでは、いつもより元気や
覇気がないように見えました。
現地応援の人からは、パドックで
うるさいという声もありましたが。

確かに、いつもゲート内では静かで
落ち着いていたはずですが、今回は
うるさくしており、三浦騎手に
怒られていました。

スタートは、いつも通り速く、
位置取りをどうするか、と考える
余裕さえあるように見えました。

逃げてくれ!
と思いましたが、三浦騎手は、番手を選択。

・・・。

まぁ、いつも通りか。
向こう正面に入るもペースは上がらず、
スローペースを嫌った二本柳騎手が捲って
3角くらいから一気にペースアップ。

ジパングは、すぐに反応することが
できないので、少し遅れ気味に見えたものの
なんとか、4角から直線で先頭に!

ジパング!がんばれ!!
喉が痛くなるくらい声を出して応援して
いましたが、やはり、差されてしまい
4着入着。

黒幕は、アンタだったのか

1000m通過が1.03.1
スローペースからのロングスパート気味の
決着でしょうか。

ロングスパート勝負でも負けてしまった。
やっぱり、ちょっとズブいですね。
まぁでもちょっとスロー過ぎですね。
スローに付き合うと絶対、差されるんですよ。

わかっているはずなのに
なぜ

三浦騎手
直線を向いて先頭に立つイメージで
運びました。以前に跨がった時との
比較で心身の成長が窺え、特にトモが
良くなっている印象。また、更に
変わって来そうな感触を持っただけに、
先々はもっと脚を使えるように
変わると思います

菊川調教師
前々で上手く折り合っていた印象。
出入りの激しい展開だったものの、
直線で抜け出した際には一旦は勝ち
そうな勢い。最後は切れる馬に差し
切られたとは言え、持ち味は発揮
できたように思います。
再び5着以内を確保。
問題が無い場合には東京へ
向かいたいです

三浦騎手も菊川調教師も、
特に反省はしていない様子。
むしろ前向き。

なんで?

いろいろ考えてみましたが、
この番手のレース運びって、
調教師の指示じゃないか?

今回は、簡単に逃げることも
可能だったはず。

しかし、逃げず、逃げ馬を待って
番手に控える。

三浦騎手は、反省していない。

調教師が番手からのレース運びを
指示しており、注文通りに
乗ってきたので、反省する必要もない

本当に、なんで逃げたらダメなんだろう。
なんか、逃げたらダメな癖があるのかな?
もし、そういう癖があるのなら、仕方が
ないけど、それは報告してほしい。

そういう癖がないにも関わらず、
番手のレース運びを指示するなら
その狙いを教えてほしい。

このまま、番手からレースをするなら、
弱いメンバーだろうと関係なく、
負けてしまうだろう。
切れる足は、ないのだから。

だからこそ、ある程度ペースは流れる
必要があり、ジパング自信がその展開を
作るべきだと思う。

その展開は作れるでしょ。
初速は遅くないんだから。
なぜ試さない。

菊川調教師に至っては、
「最後は切れる馬に差し切られたとは
言え、持ち味は発揮できたように思います」

いや、それはもう十分、
分かってるでしょ。
何回も試してみたいの?それ。

持続力があることは証明済みなんだから、
次のステップに進めてくださいよ。

もう、入着で喜んでるレベル
じゃないんですよ、ジパングは。
勝ち負けのところまで、きてるでしょ。

と、わかったようなことを
書きたくなるんです。素人なのに。

もう、ジパングの未勝利戦回顧は、
したくないです。

くやしい

次走は、東京を予定しているみたいですね。

開幕週なら、期待できるか。
2400mか1800mか。
マイルはさすがにないと思うけど。
どっちがいいのかなぁ。

何れにしても、決め手勝負では
歯が立ちませんので、持続力勝負の
展開待ちですね、できれば、その
展開を作ってほしいのですが。

タフだねぇ、ジパングは。
出資馬が少ない私にとっては、
唯一、毎月楽しませてもらっているので、
その点では、調教師とジパングに
感謝しています。

次走こそは!
がんばれ!ロードジパング!!

ちなみに、2歳の馬名応募は済んでおります。
めちゃくちゃイイ馬名だと思うので、
選んでほしいな!
どうやって、選考してるのかな。

スポンサーリンク