ロードソレイユ 未勝利戦回顧(2019/03/02)

よし!よくやった!!

2019年03月02日(土)
中山競馬場
第2レース 未勝利戦
ダート1200m

という条件のレースに出走したロードソレイユのレース回顧をします。

出走表を見る限り、相手は3頭程度で、あとは、ソレイユの適正、能力次第だと思っていたので、結構楽しみにしていました。
逆に、ここで掲示板内に入れないようでは、勝ち上がりは厳しいだろうと考えていたので、試金石の一戦になるだろうと思いました。
パドックでは、やはり、上位人気の馬は、良く見えました。ソレイユもデビュー戦に比べ、少し絞れているように見え、デビュー戦よりも、元気があるのを確認。
まずは、元気、活気、覇気がないと同じ土俵に上がれないと思っていたので、一先ず、安心。

あとは、ゲートだけ、スタートだけ。どうにか!と願い、発送時刻を待つ。
ゲートインは、恐らく、スムーズだったものの、スタートは少し出遅れてしまう。
もう、この時点で、オワタと思ったが、意外にも、道中のリズムは良く、3角手前あたりでは、先行グループに追いつく。
3、4角は、大外をまわって、直線入り口では、先頭馬を飲み込むか!と思わせてくれたものの、なかなか差が詰まらず、惜しくも2着でゴール。

次走に期待!

大野騎手
枠内ではビクビクと怪しい雰囲気を覗かせて出遅れる形。でも、陣営の狙い通りに距離短縮で変わり、ゴールまでしっかりと走り切っています。今後にゲート練習を行なって上達すれば、もう1、2列前で運べるはず。次も楽しみが持てそうです

新開調教師
15番枠は歓迎材料。もっと言えば大外が欲しかったぐらいです。出負けを挽回して勝ちパターンへ持ち込んだだけに、ここで決めたかったのは確か。でも、距離を縮めて見通しが立った今日のところは、2着で良しとしましょう。この先については状態次第。基本的には中2、3週の間隔で使って行きたいです

体調に問題なければ、優先権があるので、続戦ですね!ひとまず、優先権を確保できたのは、よかったでしょう。
枠内でビクビクしているとの事で、その辺が、スタートに影響してしまうんですね。大野騎手が言及しているように、ゲートさえ、うまく出てくれたら、もう少し前目でレースをすることができるので、そのあたりは、慣れに期待するしかないかなと思います。
芝スタートも、合わないのかな?せっかく芝スタートの大外をゲットしたのに、その有利な条件を生かすことができず、スタート直後は、全然すすまなかったように見えます。
その後、ダートに入って、リズムよく追走できていたんだけど、芝スタートが原因か、短距離のテンのスピードが出なかったのか、わからないですね。
ダート1200mで出遅れは致命的ですから、それを追い込んで、2着なら上出来でしょう。
と、課題はスタート!というところがわかったので、そこをクリアできれば、勝ち上がりが見えてくるかなと思います。
今回は稍重でのレースでしたが、良馬場になったときに対応できるのか。というところも気になる部分ではありますが、そこは、プリサイスエンド産駒なので、大丈夫!と思いたい。

とにかく、今回の試金石となるレースを、見せ場たっぷりで、2着に入線できたのは良かったです。
次回は、上位人気になりそうですが、勝ち上がりに期待したいところです。

やっぱり東京ダート1400mが合ってそうですね!
ひとまず、ロードソレイユさん、お疲れ様でした!
大野騎手、ありがとうございました!またお願いします!

スポンサーリンク