未勝利戦(ロードゲイル)&新緑賞(ロードジパング)回顧(2018/04/21)

ロードゲイル 未勝利戦回顧

2018年04月21日(土)
福島競馬場
第3レース
ダート1700m

という条件のレースに出走した
ロードゲイルのレース回顧から。

5ヶ月ぶりのレース、手術後の復帰戦
でしたが、スタートは上手いし、
逃げ先行力はあるので、割と期待を
していました。

パドックでは、すこし硬さがあり、
コトコトしている感じで、あまり
よろしくは無かった印象でした。

ゲート内でも大人しくしており、
スタートも決まり、2番手で
進めるのかな、と思いましたが、
1コーナー過ぎで、外から
ハナにたつ。

いいぞ!田辺!!

向こう上面でもゆったりと進められ、
もしかしたら!!!

と思っていましたが、
3コーナーあたりから、ズルズルと
後退していく・・・

そのまま、最下位(15着)でゴール。
一応、最後まで走り切りましたが、
残念な結果に。

喉なりが治っていないのか
距離の問題なのか

ロードゲイルの情報を待って
いましたが、当日には更新されず。

本日、更新されました。

尾形調教師
出して行った訳ではなく、自然に
スーッとハナへ。序盤は楽に運べて
いたと思います。ところが、向正面
の800mを過ぎたあたりから喉が
鳴り始め、どうすることもできない
酷い状況だった・・・とのジョッキー
の話。稽古では手術の効果が得られ
ていただけに、この結果は残念で
なりません。2回目のタイム
オーバーの制裁を受けた部分も含め、
今後について十分に検討したいです

2回目のタイムオーバーで6月21日
まで出走できないとのこと。

これは、もう手詰まりですね。
短い距離で、試してみるのか、
引退か。

ゲイルの馬体はいいし、センスも
あるので、喉なりさえなければ、
なんとかなりそうな感じなので
やりきれない気持ちですが、
このようなケースは珍しくないん
でしょうね。恐らく。

改めて、馬主(一口ですが)の
難しさを感じました。

ひとまず、おつかれさん!

ロードジパング 新緑賞回顧

2018年04月21日(土)
東京競馬場
第9レース
芝2300m

という条件のレースに出走した
ロードジパングのレース回顧

パドック映像からは、馬体にハリがなく
元気が無いように見えました。
使い詰めの影響かどうかは、わかりません
が嫌な予感。

まぁ、もともとパドックでは
良く見せない馬ですから、そこまで
気にはしていませんでした。

ゲート内では、落ち着いており、
スタートもいつもどおり決まる。

ただ、今回は、スマートモノリスの
方がテンが早い。

コウセイも押していましたが、
スピードが出ず、ハナを譲る形に。

少し離れた2番手から、レースを進める。
3コーナーあたりから、馬群は凝縮する。

このままだと、逃げ切られるぞ!

早めに動け!
と思っていましたが、なかなか
仕掛けず。

4コーナーから、直線に入り、
残り400mあたりから一斉に
ラストスパート。

上がり勝負の末、5着でゴール。

三浦騎手
逃げるつもりで出して行くと、
外から楽な感じで主張された為に
断念。前に馬を置く形に切り替え
ました。上がりの勝負でも頑張って
いたように、内容そのものは悪く
なかったと思います。

菊川調教師
3番が楽々だっただけに、
あの場合は逃げるのは難しいで
しょう。番手から理想的な形で
運んだように、自分の力は出し
切った印象。更に良くなる余地を
残すとは言え、上位とは現時点
での力の差が感じられる結果でした。

これで、よかったのか?
及第点か?
5着に入ったね、おめでとう!
がんばったね!
なのか?

違うんじゃないか??

無策すぎる

掲示板内を目指しての出走なら
理解できます。

いや、少しだけ理解できます。

そもそも、ここまで使い詰めで
あり、特別戦に出走するのも
2回目です。

特別戦って、それなりにメンバーは
揃いますよね?

まだ、ダービーを諦めていない馬や
その先を見据えている馬が集まる
レースですよね

そこでも戦える!
特別戦を勝って、次の大きい目標に
進めたい!ってことではないのか?

勝つ気はある?
騎手との作戦会議は、あったの?
何を話した?

とりあえず、出走したら、賞金入る
からいいんじゃない?
って考えか?
ヘヴィータンクの弥生賞出走
みたいなもんか?

賛否両論あると思いますが、
そのような出走ならショックですね。
もう、諦めてしまっているのだから。

もうちょっと試行錯誤して
くれてもいいんじゃないか?

勝つためには、どうするか。

末脚切れない馬
ジリ足
だから、スローで逃げないと
勝てない馬

そういう評価ですよね。
これって未勝利戦で
十分理解しているはず。

なんとか逃げて、勝ち上がって
500万クラスになったが、
スタートはいいけど、
テンは、早くない。

だから、500万クラスの
逃げ馬相手には、逃げられない。

これも、未勝利戦や前回の
特別戦で理解できていますよね

このまま、運よく逃げられることを
願うしかないのか?

戦い方って他にあるよね
重賞に出走する馬だって、
同じような馬いると思います

逃げられなかったら
捲ってみてどうか。
ロングスパートはどうか。

バテて負けてもいい
掲示板外になってもいい

試してくれ

もしかしたら、それが、強い武器に
なるかもしれない

もしかしたら、それができない馬
かもしれない

どっちかわからないけど
わからないからこそ
試すべきだと思います

このやり方なら、勝ち上がってすぐ
休みいれてもよかったんじゃない?
なんのための続戦か。

現状の力の差ってなんだよ

ダッシュ力の差か?
末脚の差か?

そんなの、素人のわたしでも
未勝利戦でわかってるわ!

と、いろいろ思うところはありますが
仕方ないですね。
試せない、何か理由があるのか。
まだ、試したくないのか。

その辺は、わかりませんので、今後の
成長に期待しましょう。

ようやく、休養をもらえるみたいなので、
ゆっくり休んで、北海道シリーズへの
参戦をお待ちしております!

デカくなって、戻ってこい!
コウセイも、北海道は得意だし!

待っているぞ!ロードジパング!!
ひとまず、おつかれさん!

スポンサーリンク