未勝利戦回顧 ロードゲイル(2017/11/25)

ジャパンカップ 2017

ボウマン完璧!!
シュバルグランおめでとう!

素晴らしかったですね。
陣営が思い描いていた通りの
騎乗だったと思います。

キタサンブラックとの対戦成績から
考えて、この馬しか対抗として考えら
れませんでした。

レイデオロ、おしかった!
でも、やっぱり強かった。

正直、レイデオロは疑っていました。
キタサンブラックが作るペースでも
付いてこれるのか?

確かに、秋の重賞やマイル、牝馬戦での
レース結果から3歳馬が強いというのは、
わかっていましたが。

そもそも、私は、皐月賞上位組は、
強いなという評価をしていました。

なので、皐月賞上位組は、マイルから
2000mくらいまでなら、古馬とでも
十分勝負になると思っています。

ですが、レイデオロは皐月賞で5着。
復帰戦ですから、仕方ないですが。
その後のダービーでは、超スロー
のため、評価できず。
神戸新聞杯でも確かに強かったけど、
中距離の古馬トップクラスに勝てる
のかなぁ。という評価でした。

スタートで、両サイドの馬に挟まれて
位置取りも悪くなり、道中は、
思っていた以上に後ろの位置になって
いると思いました。

ここから届くのかなぁと思いましたが、
凄い末脚で、キタサンブラックを
交わしていました。

さすが、ダービー馬ですね。
ここまで強いとは。
恐れ入りました!

有馬記念には、出走しないようですね。
残念です。最後にもう一度だけ、
キタサンブラックと有馬記念を
盛り上げてほしかったです。

キタサンブラックは、残念でした。
調教も軽くやっていたみたいで、
パドックでも、あまりいい時の
ような気配が感じられませんでした。

それでも、自分の競馬をして、
4着以下を離しているように、
さすが、自力がありますね。

落鉄もあったみたいなので、
もしかしたら、それが最後の
競り合いの踏ん張りにつながら
なかったのかもしれませんが。

武豊騎手も言っていましたが、
応援側も、あれ?
っていう感じでしたね。

私の見解ですが、恐らく、
有馬記念を最大目標にしているので、
ジャパンカップは優勝できたらいいね。
くらいの仕上げだったのではないか
と思っています。

余力を残して、いざ、有馬記念へ!

全力応援!
馬券は、もちろん
1着固定のみ!

んばれ、キタサンブラック!!

馬券は、惜しくもハズレ
シュバルグランとレイデオロが
キタサンブラックに勝てるなんて
想像できなかったよ

パドック

2017年11月25日(土)
東京競馬場
第1レース
ダート1400m

という条件にて、出走した
ロードゲイルの未勝利戦を回顧します。

第1レースは、グリーンチャンネルでの
放送時に時間の余裕があるため、
パドック2周分と返し馬の放送があります。

初めてロードゲイルのパドックをじっくり
見たような気がします。返し馬も。

今回のパドックでの印象は
注中力がないし、馬体の迫力に欠ける。
そんな印象でした。

パドックは、デビュー時が
一番よく見えたかも。

レース回顧

ゲートには、素直に入り、
ゲート内駐立も問題なし。

スタートも決まり、ある程度前目の
ポジションをとる。

ここまでは、スムーズにできるんで
すよね。いつもどおり、いい感じ。

しかしながら、やはり、直線で
失速してしまい、後続に交わされ、
12着でゴール。

今回も、無事ゴールできましたが。

んー、やっぱり、現実は厳しい。

前走3着とはいうものの、馬柱を
見る限り、かなり厳しいとは
思っていました。

淡い期待を胸に、8着を目標と
しましたが、そう簡単には
いかないですね。

しかし、前走は3着。
メンバー次第では、3着にも
なるし、12着にもなる。
これも、なんか面白い。

次走は

尾形調教師 
前回に手前を替えられなかった部分を
しっかり修正。注文通りに運ぶことが
叶ったとは言え、今日は古馬が記録
するぐらいのタイムです。
ロードゲイル自身も時計を詰めた
ものの、メンバーが非常に強力。
その相手を結構な流れで追い掛けた分、
早目に喉が苦しくなったのでしょう。
短期間に使い詰めただけに、
このタイミングで休養を挟む考えです

次走は、どこを目標にするのでしょうか。

なんか、難しいですね。
単純に馬の能力がないだけ
と分かれば、割り切れるんですが。

喉の調子が~
とか、本来はもう少し長い距離が
向いている~
とか

とにかく、診断結果は問題ない
という状況だし、どうにかして
ほしいけど、どうにもならない。

ということは、結果的に
ダメなのかなぁ。
これも含めて能力と言うのであれば、
仕方ないですが。

なんか、腑に落ちない感じが
続いていますが、一旦、お休みして
リフレッシュ後の次走に期待します!

次走は、超弱メンバーを用意しておくれ

スポンサーリンク