ロードストライク 尾張特別レース回顧(2019/12/15)

やはり、あまくない

2019年12月15日(日)
中京競馬場
第12レース 尾張特別(2勝クラス)
芝2200m

という条件のレースに出走したロードストライクのレース回顧をします。
日曜日の中京最終レースということで、土曜日から楽しみにしていましたが、まぁ長い。重賞後の燃え尽きた後での応援は、なかなか疲れますね。前日からだったかな?中京芝コースは、外差し傾向だったので、展開的に厳しいかな~と思っていましたが・・・
パドック映像では、いつもよりは落ち着いているように見えたけど、現地でストライクのパドックでの姿を見たことがないので、普段どれくらいテンションが高いのかわかりません。

ゲート内では、落ち着きがないようにも見えましたが、スタートは決まり、ハナを主張!

しかしながら、ぴったりとブラックジェイドにマークされ、ハナを譲る形に

その後は、集中力がなくなったかのような、追走もままならないような、いつもの走りになる

直線に入り、外に出せそうなところで一瞬、抜けるか!?というような手応えもあったが、伸びずに8着でゴール

馬具使ってみましょう

尾形調教師

一旦は先手を奪いながら前へ出られてしまう格好。乗り役は応戦する構えだったものの、馬自身がフワフワして行き脚が付きませんでした。久々の芝や初距離は問題無かった一方、やはり気難しい面を覗かせて力を発揮できない状況。早々に脱落しそうになっても、沈まずに盛り返すシーンは秋の中山と同様です。チークピーシーズやブリンカーの使用も検討。詳細は戻ってから決めましょう

そうですね。馬具は、使ってみてほしいですね。逆になぜ、今まで使わなかったのか気になる。そんな単純なものではないのかな・・・。馬具が使えるならば、ダートでも芝でも多頭数でもイイと思うし、次走のレース選択の幅は広がりますよね。次走、馬具を使うなら、小頭数のレースではなく、多頭数でのレースを見たいところですね。毎度、直線に入ってから、おっと思わせる反応があるので、2勝クラスの壁に屈しているとは思えないんですよね。

今回のレースに関しては、距離が長かったのでは?とも思ったのですが、1~3着馬は、8、9番手でレースを進めていた馬ですから、展開が向かなかったと言えるのかな。外差し傾向でしたし。過去3年のレース結果を見る限り、馬場状態等違いますが、勝ちタイムは今回が一番早いタイムだったようなので、一概に距離が敗因とも言いにくいところ。

個人的には、とりあえず、追い込みを試してみてほしいなと思っています。なので、今回のレースでも実は、出遅れないかな・・・と思っていました。出遅れて、後方からレースを進めたときにどのような反応になるのか。もしかしたら、いい脚をもっているかもしれないと思っていたんですが、スタートはうまかった。
芝、ダート1400~1600mくらいのテンのスピードが速く、敢えて逃げられない距離で、後ろで脚を溜める競馬でどうかというレースも見てみたいですね。一つの戦法にこだわらず、いろいろ試すことを考えるというのも楽しいですね。尾形調教師がいろいろやってくれるかどうかは別ですが・・・

ひとまず、ロードストライクさん、お疲れさん!
武史騎手!ありがとうございました!通算100勝おめでとう!!

スポンサーリンク