ナミュール チューリップ賞 レース展望(2022/03/05)

リベンジ → 権利奪取

2022年03月05日(土)
阪神競馬場
第11レース チューリップ賞 GⅡ
芝1600m

という条件のレースに出走予定となった、ナミュールのレース展望をします。
前走は一口馬主として初めてのGⅠである阪神JFにナミュールが1番人気で出走しましたが、敢え無く4着という結果に終わりました。
出遅れが全てという結果に何とも言えない気持ちになりましたが、「仕方ない次走の桜花賞トライアルでリベンジしよう」という気持ちに切り替え、その日まで待つことに。
そして、遂にその日を迎えることになりました。ナミュールに関しては、前走の結果からわかるように出遅れさえなければ逆転できる能力はあると感じているので、しっかり修正してくれることを願っておりましたが、先日ナミュールの調教内容についてかなり詳しい取材内容を記載した記事を見て、これなら大丈夫と思えました。

高野厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(54秒8-40秒4-25秒7-12秒0)。
「今朝は横山武騎手に乗ってもらって、500mの角馬場でハッキングをしてから坂路で併せて追い切りました。相手を前に先行させて、ジワッと差を詰めつつ、残り2ハロンから並びかけて最後は先着。非常に良い反応で、動きも想い描いたとおりでした。追い切り後はそのままゲートの確認まで行ってもらいましたが、特に問題なさそうでしたね。ゲートに関しては帰厩した週にしっかり駐立の練習をしてほぼ問題ないだろうと思えるところまで来ているので、あとは実戦でうまく出てくれるのを祈ります。ジョッキーは“すごく柔らかみがあり、反応も良く一気にギアが上がりますね”と話していました。いい感触も得てもらえましたし、なんとかレースで結果を出してもらいたいです」

ライバルは

ウォーターナビレラ

馬主山岡 正人
生産伏木田牧場
種牡馬シルバーステート
調教師武 幸四郎
騎手武 豊
前走の阪神JFでは勝ち馬とは0.2秒差の3着。ナミュールとはタイム差なしでしたね。ウォーターナビレラは毎回先行できるレースセンスがいいのが強みでありナミュールとは真逆なんですよね。今回もそのセンスと能力から堅実な結果を残しそう。

サークルオブライフ

馬主飯田 正剛
生産千代田牧場
種牡馬エピファネイア
調教師国枝 栄
騎手Mデムーロ
前走の阪神JFでは3番人気で優勝。上りは33.9秒(2位)で中団から長くいい脚を使うのが強みですね。既に桜花賞に出走できる賞金はあるものの、今回このトライアルに出走するようです。MAXの仕上げで出走してこないと思っているのでその状態でどこまでやるのか、強いのか。もちろん一番のライバルとなるでしょう。

ラリュエル

馬主有限会社社台レースホース
生産社台ファーム
種牡馬ディープインパクト
調教師矢作 芳人
騎手川田 将雅
前走はクイーンカップに出走し、勝ち馬とは0.4秒差の4着でした。レース映像を改めて見てはいませんが、先行できるセンスと鞍上の川田騎手には警戒が必要でしょう。
とまあこんなところでしょうか。敢えてほかの出走馬については詳しく見ていません。恐らく、前走の着順上位馬が最大のライバルとなるでしょう。
改めて阪神JFを振り返りますが、まずハイペース寄りのレースになった割に前でレースをして粘ったウォーターナビレラは強いと言われることもあるようですが、これはスタート後どの馬が逃げるのかけん制していた状態からダークペイジがハナを主張し、それから2番手以降を離して逃げたことによるペースの計測だったからなのではないかなと考えます。向こう正面から3コーナーに入る以前にダークペイジが逃げていますので。つまりウォーターナビレラは離れた3番手を追走しているのでこの位置であればあまりそのペースに左右されたとは言えないかなと。要するにウォーターナビレラの位置だとミドルからスローくらいとして考えると一番いい位置でレースを進められている可能性があり、その結果3着だった。
と仮定するとそのウォーターナビレラとタイム差なしの4着だったナミュールの不利を考慮したら、自ずとウォーターナビレラ以上の能力はあると想定できますよね。
サークルオブライフについては、阪神JFで不利なく大外を長くいい脚を使って追い上げて、ゴール直前で差し切っているところを見る限り、やはりもっと距離が長いオークス向きである可能性はありますし今回MAXの仕上げではない場合には、反応が遅れる可能性もあります。
こういった点を踏まえると、ナミュールは出遅れない限り、優勝、或いは3着以内に入線できる可能性は高いのではないかと思います。
これまでの調整内容を取材し詳しく書いてくれた記事を見る限り、恐らく出遅れないと思えますし、横山武史騎手もうまく出してくれるイメージがありますのでスタートは大丈夫でしょう。
スローペースでも騎手に従順なナミュールであれば、全く問題ありませんし、切れる末脚がありますので、どこからレースを進めても大丈夫だと思います。
横山武史騎手にはナミュールの能力を信頼して騎乗してもらいたいですね。
最後に。
単純に能力の差で負けてしまうのは諦められますが、出遅れて能力を発揮できずに負けてしまう事だけは本当に悔しいので、何とか五分でスタートを切ってほしいと願っています。ひとまず
ゲート内で後ろにモタれずに!!
集中して!!
直線で軽く全頭交わしちゃいましょう!!
がんばれ!ナミュール!!
横山武史騎手!頼んます!!
この記事はキャロットクラブの許可を得て転載しています。
最新情報をチェック(^^♪