デビュー戦結果(ロードジパング)

応援!

私にとっても、一口馬主としてのデビュー戦
となった、ロードジパングのデビュー戦が
2017年07月09日(日)に行われました。
祝!初出走決定!(ロードジパング)

福島競馬場 5R 新馬戦。
前日から、いろいろ考えて
ドキドキしていました。
グリーンチャンネルと即PATで、
自宅から応援しようと考えていましたが

ん?

そういえば、即PATって、
がんばれ馬券って買えるんだっけ?
と思い、いろいろ調べた結果、
即PATでは、がんばれ馬券は、
買えないということに気づきました。

私にとっても、一口馬主のデビュー戦と
なるので、せっかくだし、がんばれ馬券
を買って応援しようと思い、札幌競馬場
へ行くことにしました。

7月末から、札幌競馬場でレースが
開催されますが、少し早く、その
雰囲気を味わった気分。

一番最初に始まる、函館の新馬戦
パドックに間に合う時間に無事到着。

新馬戦は、パドックのみで予想を
していますが、結構自信あります。
単勝4番人気の馬(1,340円)を
本命にして、見事、的中。
2017年7月9日(日) 中京5R 2歳新馬の予想結果

馬券は、欲を出してしまい、3連単で
買って外しましたが・・・。

そうこうしている間に、ついに、
福島5R新馬戦のパドックが
始まりました。

続々と、参加する馬が通過していき、
ついに、ロードジパングを目にしました。

ちょっと、重いな(太い)
一叩きしたら、仕上がるかも
というのが、パドック周回での感想。

騎手が騎乗すると、テンポは
よくなりましたが、はたして
どこまでいけるか。

と思い、がんばれ馬券を購入。

本当は、がんばれ馬券だけの
購入予定だったが、別の馬券も
買ってしまった・・・。

回顧

12時30分
15番が、馬場入場後に疾病を発症の
ため、競走除外となり、14頭での
競走に。

スタート後、石川騎手に促され、
2番手でレースを進め、3.4角
辺りのペースアップについて
行けず、ズルズルと後退か、
と思わせるも、直線で他馬が
不利を受けているところを
最内をとおり、必死に走る。

一瞬、3着あるか??と
思わせるも、残念ながら
後続に差されて、なんとか
6着に。

正直、こんなに走れるとは思って
いませんでした。

まず、促されて前目で
レースを進められるということ
にビックリ。

レース中、特にかかっている
ような感じも見られず、素直に
騎手に従ってくれるように
見えました。

良い気性だと思います。

3.4角でズルズル後退する
雰囲気でしたが、そこから
後退することなく、がんばって
走っているのを見て、
マジ、感動。

直線、3着あるんじゃ?と
思わせるような場面もあり、
とにかく、最初から最後まで
楽しんで応援できたことに
感謝。

ありがとう、ロードジパング!

更新日:2017.07.10
・石川騎手 「事前に調教で確認。
その際の普通キャンターが凄く
良かっただけに、楽しみを持って
本番へ臨みました。
競馬でも上手に走るなど、結構な
センスの持ち主。切れる感じこそ
ありませんが、これから成長を
遂げて踏ん張りが利くように変わるはずです。
外から並ばれて反応できなかった点は
今後の課題に挙げられるでしょう」

・菊川調教師 「なかなかの先行力を
見せてくれました。外から来られて
下がる場面があったものの、直線で
今一度盛り返す形。また、淡々と
流れていた道中のリズムに戸惑って
いた部分は、レース経験を積んで
慣れるでしょう。まだまだ幼さを
残すだけに、これからが楽しみですね」

次走は

こうなると、次走へのローテが
気になります。

なんだか、近いうちに未勝利は
突破できるんじゃないか?
と期待してしまいます。

今回の走りで、ズブいのか、
そこまでスピードがないのか、
仕上げきっていなかったのか、
というところが、次走のレース
選択でわかるのではないかと
思っているので、ワクワクします。

帰り道

今回のレースで、珍しく降着が
あったのも、ビックリしました。

3位に入線した8番ハクサンフエロ号
(☆木幡 巧也騎手)は、4コーナーで
外側に斜行し、14番ピースユニヴァース号
(内田 博幸騎手)の走行を妨害しました。
その走行妨害がなければ被害馬ピースユニ
ヴァース号は加害馬ハクサンフエロ号に
先着できたと裁決委員が認めたため、
8番ハクサンフエロ号は4着に降着と
なりました
(その他に10番グランデウィーク号
(戸崎 圭太騎手)の進路にも影響あり)。
※ JRA 開催競馬場・今日の出来事(7月9日)より引用

ロードジパングは、この斜行には、
巻き込まれませんでしたが、
巻き込まれた、グランデウィークは、
それでも勝っているので、力が違った
という事でしょう。

とにかく、興奮が収まらないまま、
帰宅をすることに。

帰り道に、ちょうど、ミニチュア
ホースのノリスケと馬車役の
チャンスの移動に遭遇しました。

なんかホッコリ。

 

一口馬主をはじめたきっかけについて