ナイトミュージアム デビュー戦回顧(2018/04/28)

馬だった

2018年04月28日(土)
京都競馬場
第5レース
芝2000m

という条件のレースでデビューした
ナイトミュージアムのレース回顧を
したいと思います。

ようやく、1年前から期待していた
ナイトミュージアムをパドックや
レースで見られることになり、
当日まで楽しみにしていました。

パドックでは、まだ緩さは残るものの、
競走馬なんだな、という体つきで
なんだか、微笑ましかったです。

というのも、去年の夏ごろの写真が
ぬいぐるみのようで、かわいらしかったので、
それから比べると、かなり成長したことを
実感しました。

しかし、馬体重が394kg
かなり小柄で、大丈夫かな・・・
という不安もありました。

ゲート内では、落ち着いており、
五分にスタートを切ることができました。

ただ、やはりデビュー戦ということも
あってか、無理をせず、後方からの競馬に。

道中は、後方から3番手あたりで追走。
ちょっと、追走が苦しいようにも
見えました。

4角あたりから、追い出し、直線へ。
既走馬を交わして、交わして、
なんと、3着でゴールすることができました。

私自信、8着までに入れるかな?
どうかな?
と思っていたので、応援馬券も取る
ことができ、とても嬉しかったです。

まさか、馬券内にまで届くとは!

さて、次走はどうなるか

2018.04.28
秋山騎手

芝のフットワークは上々。初めての
実戦ながら、上手に走ってくれました。
ただ、小柄なタイプ。ここを使って
大きく身体が減らなければ・・・
また、今日はレースを理解して
いなかったかも。テンションの部分も
含めて、心身が如何なる方向へ転がるか

2018.05.02
友道調教師

5着以内に入って次走を優位に選べる立場。
特別に問題も見当たらぬだけに、再び
レースへ使おうと思っています。小柄な
点も考慮。あまり間隔を空けずに
行きましょう。来週の京都に限定戦が
組まれており、こちらに向けて
準備する方針です

秋山騎手が言うとおり、身体が減らなければ
いいのですが・・・
これ以上減ってしまうと、まずいかなぁ

何れにしても、あまり数は使えないと
思うので、何とか、すぐにでも勝ち上がって
欲しいところですが。

5月12日(土)
京都牝馬限定芝2000mに秋山騎手で予定
ですが、メンバーがどうなるか。

今回のメンバーは、かなりレベルが低かった
ように思います。
前でレースをした馬がバテて
ナイトミュージアムがそれを交わしただけ、
という感じにも思えます。
メンバーレベルが上がれば、バテる馬は
少なくなるので、決め手がなければ、
厳しいでしょう。

まぁ、今回は、デビュー戦であり、
秋山騎手が言うようにレースを
理解していなかったということも
踏まえて、及第点だったかと思いますので、
次回は、ディープ産駒だぞ!
というような、いいところが見えたら
いいなと思っております。

まずは、無事にレースを終えたこと
3着まで届いたこと
嬉しく思います。

ひとまず、おつかれさん
次走もがんばれ、ナイトミュージアム!!

スポンサーリンク