2017年日本ダービー回顧

2017年6月5日

ルメールが強かった!藤沢厩舎、おめでとう!!


本当に、これに尽きる。

「ルメールが強い」

もちろん、ダービー馬となった、
レイデオロも強いと思う。

しかし、それ以上に、ルメールの
騎乗が導いたと言える内容

だったと思います。

ペースが遅いと判断し、
捲って先頭まで馬を動かす。

あたかも、午前中のレースを
しているような感覚で
動いていた。
私には、そう見えました。

完璧にレースを運び、優勝。

レイデオロも、鞍上の指示に
答えられるし、最後まで

足を伸ばした。
それができるコンビだったから、

優勝できたのではないかと思います。

それまでは、藤沢厩舎?
なんかダービーは優勝
できなさそう
って思って
いたけど、Yahooニュースの
記事を読んで、
心から祝福
したいと思いました。


おめでとう!!藤沢先生!!

一歩及ばず、スワーヴリチャード

予想では、どんな馬なのか、
いまいち理解できていなかったし、

武器となるところが、見当たら
なかったため、あまり注目して

いませんでした。

ただ、共同通信杯を優勝した時は、
この馬はダービー向きかも
とは、
思っていました。

その後、あまりいいところが
見つけられなかったため、
印は
付けましたが、上位候補
として見ていませんでした。

今回のダービーに関しては、
やはり、騎手が上手かったのだと

思います。

さすが、ダービー2回優勝
経験がある、四位騎手でしたね。

レース中盤までどうなるかなと
思っていましたが、
そこは、
経験の差なのでしょうか、
気づいたころには、
抜け出していましたね。

やっぱり左回りが向いて
いるんでしょう。

次は、天皇賞(秋)でしょうか。
古馬との対決は、注目ですね。

菊花賞でも注目したい、アドミラブル

ダービーは惜しくも3着でした。
大外枠がひびいてしまいましたが、
それでもよく

3着まできたな、と思いました。

終始外々を周りながらも、
良く頑張ったと思います。

青葉賞だから~とか、
よく言われますが、たぶん、

強ければ、そこまで気にする
必要はないかなと思います。

今回は、ローテより、枠が
影響していたと思います。

たぶん、この馬は強いと思う。
馬体が、中長距離向きに見えます。
菊花賞は、優勝できるのでは
ないかと思います。

スタートさえ、良くなれば。

反省と感想

反省
いろんな展開を想定しよう、
競馬に絶対はないのだから。

感想
今回のダービーの感想を、
自分なりに表現すると
“クソレース”でした。

いろいろ意見があると思いますが、
私が感じたことを書き留めます。

まず、ダービーとは?
私は、ダービーとは、3歳馬の
頂上決戦だと思っています。

同じ歳の馬同士がダービーに
向けて、レースを進め賞金を獲得し、

その中の上位同士が激突するレース。

そういうレースだと認識して
いるので、私は、非常に

楽しみにしていました。
全馬が全力で走りきるレースを。

ですが、どういうことですか。
超スローだということを、
みんなわかっているのに
誰も動こうとしない。


ダービーって、500万下ですか?

まるで、500万下のレースを
見ているような感覚でした。

500万下のレースであれば、
何も思いません。

そういうレースもあるでしょう、
適正も探り探りでしょうし。

しかし、今回は「ダービー」です。
全馬が全力で走ってくれると
思って応援しているんです。

結局、途中で捲ったルメール騎手の
好騎乗で、レイデオロが優勝。

レイデオロが優勝したことに
不満はありません。

それができた、コンビが強かった
という事だと思います。

せめて、ダービーくらいは
自分が騎乗している馬の能力を

引き出すための努力をして
ほしかったと思います。

横山騎手
さすがです。
あなたは、自分が騎乗している
馬の能力で
勝ちに行く騎乗を
したと思います。

ルメール騎手
さすがです。
あなたも、平常心でレース展開を
読み、
勝ちに行き、優勝に導きました。

戸崎騎手
努力は見えました。
素晴らしいと思います。

四位騎手
自分から前を捕まえに
動いていました。惜しかった。

デムーロ騎手
運がなかったですが、
努力は見えました。

川田騎手
私は、悪いと思いません。
賢いと思います。レース前から

今まで通りの騎乗をすると
宣言していました。

馬もそういうレースしか
してきませんでしたから、

後方一揆しかないでしょう。

丹内騎手
指示なら仕方ないと思いますが。
記念出走は好きじゃないです。

これは、騎手の責任では
ないかもしれませんが。

武豊騎手
内で包まれてしまったので
動けなかったのは、仕方ないと

思います。ですが、私としては
もう少しどうにかならなかった

のかなと思います。

松山騎手
ダービーで上位人気の馬ですから、
仕方ないと思いますが、

私は、信頼していたんですが。
経験の差でしょうか。

もう少し早めに動いて
ほしかったと思います。

福永騎手
あなたの馬向きの展開だったと
思いますが・・・

ベテランなんですから、
もう少し、積極的に乗っても

良かったのではないかと思います。
残念です。

藤岡騎手
スタートで馬が動いてくれ
なかったのは仕方ないと思います。

ですが、あなたの馬は、前に
行かないと持ち味が生きません。

それは、わかっていたはずです。
すぐに諦めず、もっと
行く気を
見せて、オーバーアクション
気味に押していれば、

もしかしたら前に行けたかも
しれません。
結局、前にも行けず、馬は
行く気なのに引張通し。

もっとも最低な騎乗だったと
思います。残念です。

今回のダービーは、騎手が
面白さを奪ったレースだと思います。

確かに、ダービーという舞台なので、
下手な騎乗はできないと
思います。

だからといって、こんなレースは
誰も希望していないと思います。

ジョッキーそれぞれが、もう少し、
積極的な騎乗をしてほしかった。

なぜ、積極的な騎乗が
できなかったのか。

これは、その騎乗によって
結果が出なかった場合に、
乗り替わり
になったり、
いい馬が回ってこなくなったり等、
あるのかと。

逆に、それがあまりない、
外国人ジョッキーは積極的に

動けるのかな、と思っています。

結局、そういった環境が、
全て悪い方に向いてしまっている
のではないかなと思います。

スポンサーリンク