ノルマンディ2016年産募集馬見学ツアーに参加しました!

ノルマンディオーナーズクラブ

2016年産の募集馬の出資を
検討するうえで
シルク、キャロット、東サラの
カタログを請求するも、結局出資する
までには至らなかったのですが

残りの候補クラブである
ノルマンディにて、募集馬見学ツアーの
募集があったので、すぐに申し込みをし
参加費3000円を支払いました。

その後、すぐに募集締め切りに
なっていたので、早めに申込み
しておいてよかったなぁと
思っております。

こういうのは、すぐに行動しないと
ダメなんですね。
まさか、そんなに応募殺到するとは、
思っていなかったです。
舐めてました。

遅刻

日程
2017年10月14日(土)
11:00 ~ 15:30

札幌から8時過ぎに出発。
3時間もあれば、大丈夫だろうと
思っていたのですが、裏道から
裏道をすすんでいたのが、仇と
なったのか、なんと、50分くらい
遅刻してしまった。

ナビには、ハガキに記載のとおり
沙流郡日高町厚賀240
で設定したはずなんだが。

11時50分くらいに到着。
素直に、国道をまっすぐ
行けばよかった・・・

到着したら、受付で、ホット
ドリンクを受け取り

もう、牝馬の展示終わっちゃうよ

と言われ急いで、展示場へ。

最終周回のアナウンスが流れる。

牝馬を見たかったんだが・・・。
かろうじて、16番から少しだけ。

16.ジョウノボレロの16
17.テネシーワルツの16
18.ハワイアンスマイルの16
19.プレシャスドロップの16
20.ラドランファーマの16
21.ラハイナⅡの16

 

初めての募集馬見学ツアー

カタログと動画を事前にみて
気になっていた馬が

テネシーワルツの16
フォーミーの16
マンデルーシュの16

これらを中心に見ようと
思っていました

今回が初めての募集馬
見学ツアーなので
どういう風に見学できるのか
全く知らずに参加しました。

牝馬の展示が終わり
10分くらいの休憩。

休憩明けに、牡馬が展示場に
やってくる。
ある程度の間隔をあけて
はい、どうぞ!
という感じで一斉に
各馬の周りに人が集まる。

これ、馬びっくりしないのかな・・・

こんなに近くで見られるのか
でも、全然わからない
どこをどう見ればいいのか。

とりあえず、一通り、見てまわる。

1.ヴンダーゾンネの16
3.イズミコマンダーの16
4.クラックコードの16
5.ソラコマチの16
6.タニノローゼの16
7.テーマソングの16
8.パリージョの16
9.フォーミーの16
10.マンデルーシュの16
11.リスティアエーデルの16
23.ナショナルフラワーの16

 

その後、周回が始まる
パドックのように。

一応、前からと真横からチェック。
これって、パドックと同じような
感覚で見たらいいのだろうか・・・。

そうしているうちに、POG指名馬
(グラマラスライフ)の発走時間。

3周か4周くらいみたので、
いいだろうと思い、事務所で
レース観戦。

うーん。5着か。
シルクの馬なんだよな。
こういう馬にも出資できる
チャンスがあるって思うと
なんか、ワクワクするぞ。

決意

初めての募集馬見学ツアーも
終わり、ノルマンディで出資するか、
しないかを考えました。

募集馬見学ツアーで気になった馬は

ソラコマチの16
マンデルーシュの16

でも、凄く出資したい!
という気持ちではなく
出資するなら~という感じ。

事前に出資しようかと考えていた
テネシーワルツの16
もほぼ見れていない。

なので、悩みましたが、今回は
ノルマンディでの出資は見送ります。

この馬に出資したい!
と思うような馬に出会えたらいいな!

というか、実は
シルクの募集馬でいたんですが。

ヒッピーの16

一口価格がちょっと高くて、断念。
今思えば、出資申し込みだけでも
しておけばよかったのかも。

残る候補クラブは、現在会員の
ロードサラブレッドオーナーズ
のみ。

最近、活躍している
ダノンプレミアム
ダノンスマッシュ
は、何れもケイアイファーム産

これは、凄い事ですが、
両方ダノックスが馬主。

んー、仕方ない事なのかも
しれませんが、ちょっと露骨
過ぎるというか、なんというか。

クラブ募集馬の中に
これくらい活躍できる
馬がいても、おかしくない
と思いつつ、出資を検討
したいと思います。

来月は、ロードの募集馬展示会に
参加予定です!

スポンサーリンク