デビュー戦回顧(ロードゲイル)

応援

3頭の出資馬から、2頭目が
2017年09月10日(日)に
デビューしました。

中山競馬場
ダート1800m

土曜日に発表された枠順を見て
ニヤリ!
8枠16番は、一番いいところ!!

さらに
土曜日の新馬戦で、津村騎手が
バレリオに騎乗し、快勝!
【2歳新馬】中山5R 上がり33秒7
でバレリオが快勝

ロードゲイルに騎乗予定の
津村騎手が前日の新馬戦で
快勝したことで、
これは、ひょっとすると、
1着すらあり得るな、と
ワクワクが大きくなりました。

当日、グリーンチャンネルと即Pat
という環境がありながらも、やはり、
応援馬券を買いに行こうと思い、
札幌競馬場へ。

到着後、記入済みのマークシートを
手に、すぐに自動発売機へ投入。

応援馬券

第4レースのパドックが始まる。
最後の馬番なので、画面に
現れるまで結構時間がかかり、
ドキドキが高まる。

ついに、パドックで
ロードゲイルが映った。

お!馬体はいいぞ!
ちょっと、チャカチャカ
して、落ち着きがないけど、
いい馬体だし、馬格もあり
かっこよく見える!

出資馬で先に2戦している
ロードジパングより、
仕上がっていて、いい馬体!

他の馬もパドックで一通り
見たけど、チャンスあり!
とさえ思いました。

回顧

さて、どんな走りをするか。

スムーズにゲートイン。

スタートしました!
絶好のスタート!
先行集団に入る!

いいぞ!!

大外だったのに、
なぜか内に入る。
距離不安のためか?

道中は、少し、かかり気味だが、
制御できるレベルだ!
いい感じで進められているぞ!

そろそろ仕掛けどころか。

ん?
どこ行った??

3角あたりから、ズルズルと
後退していく。

・・・

どうした、故障か??

結局、パドックで◎を打った
スペースファルコンが優勝。
ロードゲイルは、大差の
16着でゴール。

ジョッキーが下馬して
いなかったので足元の
異常ではないかなと
思っていたが。

残念!

尾形調教師 「大外枠と言う点を
踏まえ、スタートを決めて前目に
付ける形をジョッキーと話し合っ
ていました。途中までは注文に
沿って進んだものの、この結果は
全くの想定外。稽古で喉に違和感
は認められず、長目からの調教を
しっかり積んでいたぐらいですからね。
週明けに内視鏡で内部の状態を
調べ、獣医師の見解を踏まえた
上で今後を考えましょう」

とのこと。
獣医師の見解次第ですが、
2戦目は、先になりそうです。

今回は、
普通にゴールするだけでも、
凄い事なんだな、
と改めて考えさせられた
レースでした!

ロードゲイルは、馬体も良く、
スタートもいいし、
追走もできていたので、
なんとか、立て直してほしい
と願っております!

がんばれ!ロードゲイル!!

 

一口馬主をはじめたきっかけについて